sponsored link


GPS魚群探知機お勧め機種一覧


GPS魚群探知機お勧め機種一覧

ボート釣りに欠かせないGPS&魚群探知機
最近では魚探とGPSが一体式となったgps魚探が人気です。



一体式となっているので設置場所を取らないのが特徴でゴムボートや小型プレジャーボート、小型和船などの小型船舶での
ボートフィッシングに最適です。
今ではGPS魚探は液晶画面は見やすいカラーモニターの機種が圧倒的に多く、魚群探知機の機能や感度も昔とは比べようのないほど良い製品が多くなっています。
GPS魚探が高性能で使うやすくなってき、さらに販売価格が安くなってきたことによりボート釣りがより身近となってきました。

今回は最新の売れ筋人気オススメGPS魚群探知機をサーチしました。


最近GPS魚群探知機人気機種一覧

ホンデックス HE-71GP



使いやすい(操作方法が簡単)、小型、安い・・・
3拍子揃った高性能小型GPS魚群探知機です。
GPSアンテナは本体の中に内蔵されていますので
取り付けも簡単で、色々な船舶に乗ったりレンタルボート釣りを主に楽しむ釣り人にも
この機能は人気でオススメです。
はじめて魚探を購入する方、GPSプロッターを始めて使う方にも
操作方法が簡単な点も魅力的です。


HONDEX HE-820



バスボートやアルミボートに設置しボートバスフィッシング用として
かなり人気が高いGPS魚群探知機です。
バス釣りに欠かせない機能が満載です。
・高速走行対応の高速モード
・200&400kHzの左右独立設定が可能
・オプションでヘディングセンサーが取り付け可能
これらの機能は特に船バス釣りに使いやすい機能です。


フルノGPS&魚探 GP-3500F



本格的なボートフィッシングを楽しむ方や遊漁船に最適な高性能機種です。
販売価格はとても高価ですが使い込めば釣果に必ず良い影響をもたらす
カラーGPS魚探です。
高い機種ですがとにかくオススメのGPS魚探です。



バスボートに最適な人気魚群探知機
魚探の専門用語集
激安GPS魚探ナビについて
使いやすいGPS&GPS魚探
ゴムボート釣りに適した小型魚探

最新小型GPS魚群探知機人気ランキング


最新小型GPS魚群探知機人気機種一覧

GPS魚群探知機の最近の売れ筋製品はGPSアンテナが内蔵されたコンパクトなタイプです。
一般的なマイボート釣りを楽しむ方のボートは小型和船やゴムボート、小型フィッシングボートなどの30フィート以下の小型プレジャーボートです。
これらの小型船は基本的にコックピット(操舵室)が狭くGPS魚群探知機を置くスペースが少ないことが多いです。(23フィートぐらいから上のサイズのボートはそれなりに広いですが)
最新の小型GPS魚群探知機の流行であるアンテナ一体モデルのプロッターであれば設置スペースが狭い船でも取り付けることが容易になります。

また最近貸しボート(レンタルボート)を利用してボートフィッシングを楽しむ釣り人が増えてきています。このようなボート釣りを楽しむ場合も最新のアンテナ内蔵小型最新小型GPS魚群探知機は
とても便利です。



最新小型GPS魚群探知機人気ランキング

ホンデックス HE-81GP



最新小型GPS魚探の中でも特に良く売れている人気機種です。
かなり本格的な機種ですが魚群探知機をはじめて購入する方やGPSを初めて触る方にも
使いやすく操作方法が優しいカラー小型GPS魚探です。
海でのボート釣りからバス釣りまで幅広く使える人気小型GPS魚探です。
8.4型の高輝度液晶(1000カンデラ)カラーモニター仕様のGPS魚探ですが
販売価格は抑えてあり、実販売価格は激安の150000円程度です。
性能面から見てもこの販売価格はかなり格安でしょう。


HONDEX PS-70GP



7型カラー液晶モニターの小型高性能gps魚探です。
HE−81GPより小型でコンパクトな機種です。
かなり小型ですのでゴムボートやカートップボート、折りたたみ式船、和船などの
小さなサイズの船にも場所を選ばず取り付けることが可能です。
もちろんGPSアンテナも本体に内蔵されているモデルですので持ち運びも
らくらくできます。
本格的な船釣りからワカサギ釣りのような手軽な釣りにまで幅広いフィッシングに使えます。
またホンデックス製のGPS魚探の特徴でもありますが、この機種もとても操作方法が簡単で
使いやすいカラーGPSプロッターとなっています。
初心者にも使いこなすことができるオススメ機種です。



GPSや魚探の取りつけ方について 配線通しを極める

使いやすいGPS&GPS魚探
魚探の専門用語集
ポータブル魚群探知機人気ナビ
激安小型魚探一覧
激安GPS魚探ナビについて

魚探の専門用語集


魚探の専門用語集

魚群探知機を使いこなすためには漁探用語を理解する必要があります。
主にボート釣りマイボートフィッシング)に必要な魚群探知機用語を一覧にしました。



魚探専門用語一覧

低周波&高周波

魚探用語で表す低周波とは50kHzのような低い周波数のことです。
反対に高周波とは200kHzのような高い周波数のことをさします。
低周波の特徴は広範囲の魚の反応を見ることができます。(広い範囲の魚をサーチできる)
また深いところ(深い水深)まで探知ができます。
高周波は分解能力が優れていて細かい探知(1点集中系)に最適です。
その分ディープエリアの検索は不向きで深場の釣りには適していません。
高周波は低周波に比べて、気泡や懐中雑音には強いのが大きな特徴です。


パルス幅
 
魚探用語でさすパルス幅とは発射する超音波の長さのことです。
幅が長いほうが力が強いです。
 

パルス繰り返し周波数

パルス繰り返し周波数は発射する超音波の周期のことで、探知する深さによって自動的に決まります。
浅い水深での釣り(釣り場)は繰り返しが多く、深い釣り場なら繰り返しは少なくなる。
 

指向角

魚群探知機選び(取り付け)に非常に重要なポイントとなる指向角とは振動子から発射する超音波の角度のことです。
魚探マニュアル(説明書)などではビーム幅と表すことも多いです。
指向角は周波数が高いほど狭く、低いほど広くなります。
高周波数の指向角は10〜20度、低周波数指向角は40〜60度くらいです。


表示範囲

魚探モニターの用語です。
探知した海中状況を魚探画面上に表示するときの範囲のことです。



漁業用だけだは無くマイボートフィッシングのようなマリンレジャー(ボートレジャー)用魚群探知機でも最近の魚探はなかり高性能な機種が多くなってきています。
これらの魚探専門用語を理解するのが魚探の機能をフルに使いこなせるようになる最大のポイントとなります。
また、魚群探知機の専門用語を知ることは魚探を選ぶときも大いに役立ちます。

魚群探知機人気メーカー一覧
ポータブル魚群探知機人気ナビ
激安GPS魚探ナビについて
良く売れている人気魚探
使いやすいGPS&GPS魚探
健康食品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。