sponsored link


魚探の専門用語集


魚探の専門用語集

魚群探知機を使いこなすためには漁探用語を理解する必要があります。
主にボート釣りマイボートフィッシング)に必要な魚群探知機用語を一覧にしました。



魚探専門用語一覧

低周波&高周波

魚探用語で表す低周波とは50kHzのような低い周波数のことです。
反対に高周波とは200kHzのような高い周波数のことをさします。
低周波の特徴は広範囲の魚の反応を見ることができます。(広い範囲の魚をサーチできる)
また深いところ(深い水深)まで探知ができます。
高周波は分解能力が優れていて細かい探知(1点集中系)に最適です。
その分ディープエリアの検索は不向きで深場の釣りには適していません。
高周波は低周波に比べて、気泡や懐中雑音には強いのが大きな特徴です。


パルス幅
 
魚探用語でさすパルス幅とは発射する超音波の長さのことです。
幅が長いほうが力が強いです。
 

パルス繰り返し周波数

パルス繰り返し周波数は発射する超音波の周期のことで、探知する深さによって自動的に決まります。
浅い水深での釣り(釣り場)は繰り返しが多く、深い釣り場なら繰り返しは少なくなる。
 

指向角

魚群探知機選び(取り付け)に非常に重要なポイントとなる指向角とは振動子から発射する超音波の角度のことです。
魚探マニュアル(説明書)などではビーム幅と表すことも多いです。
指向角は周波数が高いほど狭く、低いほど広くなります。
高周波数の指向角は10〜20度、低周波数指向角は40〜60度くらいです。


表示範囲

魚探モニターの用語です。
探知した海中状況を魚探画面上に表示するときの範囲のことです。



漁業用だけだは無くマイボートフィッシングのようなマリンレジャー(ボートレジャー)用魚群探知機でも最近の魚探はなかり高性能な機種が多くなってきています。
これらの魚探専門用語を理解するのが魚探の機能をフルに使いこなせるようになる最大のポイントとなります。
また、魚群探知機の専門用語を知ることは魚探を選ぶときも大いに役立ちます。

魚群探知機人気メーカー一覧
ポータブル魚群探知機人気ナビ
激安GPS魚探ナビについて
良く売れている人気魚探
使いやすいGPS&GPS魚探
健康食品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。